戻る ホーム

着付け教室

 °゜ ⋆ 。 大島 恭子 きもの着付け教室 。⋆ ゜ ° 

 

 

 

私たちは、日本の文化を特に大切にしています。

 

世界の文化に触れるたび… インターナショナルな社交が拡がるたび…

 

一層日本の文化の奥深さ、日本人の技術や感性の繊細さの素晴ら

 

しさを発見します。

 

そしてそれを大切にしていきたいと常々思うのです。

 

 

その中に‘形だけでは見えない深い何か’を感じ取る… 心動かされ

 

るものがあるからです。

 

それは、研ぎ澄まされた感性だけが、得ることのできるはかり知れない

 

感覚です。

 

日本の大切な文化の一つ、着物を着るということ。

 

そして、着物を着ながら日本人の美しいマナーを知る。

 

 

°゜ ⋆ 。 . 。⋆ ゜ °゜ ⋆ 。 . 。⋆ ゜ °゜ ⋆ ゜°

 

 

 

               日本着付け教育協会助教授

      

                    大島 恭子 先生

 

   

   若干20代の時に助教授に抜擢された大島先生。

 

以来、長年多くの生徒さんに支持され、基本マナーから丁寧な

 

着付けを教えてくださいます。

 

着物というのは窮屈ではなく、着心地の良いものなのだ…という

 

ことを体感できるはずです。

 

着物を着ると、良い緊張感が生まれ気が引き締まりますが、

 

きつい…痛い…という感覚は無く、走っても踊っても車を運転しても

 

着崩れません。  それが、心地心良く美しい着付けです。

 

 

 

°゜ ⋆ 。 . 。⋆ ゜ °゜ ⋆ 。 . 。⋆ ゜ °゜ ⋆ .゜°

 

 

 

 

 

 

敷居の高い老舗料亭にお邪魔するときも、インターナショナルなパーティーに

 

出席するときも、気おくれせずに楽しむ為に、まず気遣うべき基本は、

 

マナーです。 

 

お作法は勿論、身嗜みから整えることは、品格ある人としてのマナーで

 

あり、その店や場所に対して、主催するホストに対して、おもてなしして

 

くださった側に対して、客としての大切なマナーとあり方です。

 

そしてそれは、自身に誇りを持ち、時に守る‘自信’とリラックスして

 

楽しめる‘安心’に繋がります。

 

 

 

            ✿涼しげで粋な芭蕉布のお着物で・・・                                                                                                          
                        「赤坂料亭での会食」

 

 

  

                      ✿夏のフォーマルは絽の訪問着で・・・  

                                         「パーティーに参加」